ジンギスカンの白樺

スポンサードリンク

2017/05/26 今日のオススメリンク

FXで稼ぐ極意!初歩からFX会社選びまで

ジンギスカンの白樺

スポンサードリンク

ジンギスカンがおいしいと言われているお店、ジンギスカン白樺って知っていますか。毎日ジンギスカンの白樺の味に魅了されたお客様たちでにぎわっているらしいのです。ジンギスカンの白樺はその名のとおりジンギスカンの専門店で創業から47年にもなるそうです。お母さんの代から2代目になるご主人は、お店を継いでから26年の間で、わずか50円しか値上げをしてないそうです。おいしいものを安く提供してくれるなんて、ありがたい限りですよね。そんなジンギスカンの白樺は北海道の帯広市の街からは20kmも離れた場所にあるお店なのに、お客さんがたくさん通ってくるのは、よっぽどおいしんでしょうね。そして味だけではなく、値段も安いのです。一人420円出せば、150gも食べられるらしいのです。満腹になる量なのですが、それでも二人前は食べてしまえるほど味がおいしいらしいのです。ライスは稲キビめしが出てきます。稲キビをまぜて炊き込んであるらしいのですがどんな味なのかすごく興味があります。ライス代は別です。お肉についてくる野菜は玉ねぎだけで、野菜から出る水でお肉の味が落ちるのを防ぐために、お水の出にくい玉ねぎだけと言うこだわりを見せてくれています。聞くだけでも今すぐ食べたくなるような料理ですね。残念ながら私は遠くてなかなかジンギスカンの白樺まで行くことはできませんが、お肉の地方発想の販売をしてくれるみたいなので、白樺のジンギスカン、一度注文してみたいなぁと思っています。「是非、白樺のを食べてみたい」と思った人は注文してみてはどうでしょう!

ジンギスカンの食べ方

ジンギスカンの食べ方って、全くわかりません。それだけ私の生活にジンギスカンの登場は極めて少ないのです。でもちゃんと食べ方があるみたいですね。そこでジンギスカンの食べ方を少しだけ紹介します。まずはジンギスカンをする準備です。我が家にはありませんがジンギスカン鍋が必要です。そしてお肉と野菜とタレも必要ですね。準備ができたらジンギスカン鍋にラードを塗って熱しましょう。ちゃんと鍋を焼かないとお肉がくっついてしまいますもんね。鍋を熱したらまずはお肉を焼いていきましょう。一度にたくさん焼くと鍋の温度が下がってしまうので、おいしく食べたければまずは馴染ませる程度に焼いていきましょう。もともとついているお肉のタレがジンギスカン鍋の溝におちはじめて、程よく火が通ったら野菜の登場です。ジンギスカンの白樺のご主人のこだわりのように、玉ねぎだけもかまいませんし、もやしやピーマンと好きな野菜を入れてもいいでしょう。ジンギスカン鍋の溝に並べて焼くとタレの味がしみこんでおいしくなります。野菜を焼く順番は火の通りにくい野菜から焼いてくださいね。あわてず騒がず我慢してしっかり焼いて、ちょっとだけ焦げてきたかなと思う頃に残りのタレをかけて、お肉や野菜が焼けていたら出来上がりです。おいしそうですね。

「ジンギスカンの白樺」 のサイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています