弁護過誤の対処

スポンサードリンク

2017/05/21 今日のオススメリンク

引越業者選びで失敗しないために

弁護過誤とは

スポンサードリンク

弁護過誤とは、「弁護士に、その職務遂行行為において過誤があったことをいう。弁護士が職務遂行の過程で、故意又は過失により、依頼者又は第三者に損害を与えたときは、債務不履行又は不法行為に基づき損害賠償責任を負う。」という意味です。司法改革の大きな柱である弁護士数の大幅な増加が現実となれば、弁護士の職域も広がり、弁護士に対する役割期待もますます重さを増します。法曹の粗製乱造が問題視され、医療過誤の次は弁護過誤が多発するのではないかと指摘される現状において、将来少なからず弁護過誤に見舞われる可能性があります。実際、弁護過誤を理由とする弁護士業務の保険が適用された例も増えてきました。

弁護過誤の事例

弁護責任が認められなかった事例として、説明を十分にせずに条件付きの証拠保全を受任し,証拠保全を行わなかった弁護士の行為は相当ではありませんが,本件事実関係の下では違法性があるとまではいえないとした事案があります。保育所の労災事故に医療過誤と弁護過誤とが重なった、民法上は興味深い事件ですが、訴訟は弁護責任の追及に絞られています。保育所の事故についての責任追及交渉、労災申請の助言等と、医療ミスについての証拠保全とを受任した弁護士が、いずれも煮え切らない態度を取り、まともに説明しようとせず、電話に出ようともしないまま10年の消滅時効を迎えてしまったというのが原告側の主張です。これに対して裁判所は、交渉をしていないのは症状固定を知らなかったためであり、助言は実質的に十分なことをしていたと認定しました。また医療過誤関係では、証拠保全をしようと提案して受任し、着手金も受け取ったにもかかわらず、その委任内容は必要があると被告が判断したときは証拠保全をするというものであり、本件では必要がないと考えられる状況にあったので、証拠保全をしないでいたことは違法でないとされました。原告は極めて釈然としない心境を加味すると、説明不足であったことは認定されているので、説明義務違反により多少の慰謝料請求は、法律で認められて然るべき事案かと思われます。これからは事後救済型社会ですので、もし弁護過誤に遭われるようなことが起きたら、あなたの信頼のおける弁護士と申立を行いましょう。

「弁護過誤の対処」 のサイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています