イタリア語でドゥーエは?

簡単な発音のイタリア語は、日常会話にとても役立ちます。(ドゥーエ カップチーニ ペルフェヴォーレ)を和訳すると「カプチーノを2つ(ドゥーエ)、お願いします。」など、イタリア語で会話をしてみませんか?旅行で、カプチーノを飲んで、おいしいお菓子を食べるなど幸せな情報をお届けします。

スポンサードリンク

2017/10/15 今日のオススメリンク

水着

イタリア語の数字や日常会話

スポンサードリンク

まず、イタリア語の会話として、簡単な数字を覚えてみましょう。1 UNO (ウーノ) 2 DUE (ドゥーエ)3 TRE (トレ) 4 QUATTRO (クアットロ)5 CINQUE (チンクエ) 6 SEI (セイ)7 SETTE (セッテ) 8 OTTO (オット)9 NOVE (ノーヴェ)10 DIECI (ディエチ)このように、イタリア語の数は簡単な発音ではないでしょうか?次に、タベルナやバール、お菓子屋さんで注文する時のようなイタリア語の日常会話を覚えて、旅行などで実際に使ってみましょう。コーヒー2杯とブリオッシュ2個という意味のイタリア語は、2 は (ドゥーエ)ですから、"Due caffe' e due brioshe"(ドゥーエ・カッフェ・エ・ドゥーエ・ブリオッシュ)。Due cappuccini, per favore. (ドゥーエ カップチーニ ペルフェヴォーレ)を和訳すると、「カプチーノを2つ、お願いします。(2つの場合はcappuccini )」となります。旅行に行かれた際には、ぜひ、おいしくて幸せな気持ちになれるイタリア語で会話をする事をお勧めします。

おいしい旅行

イタリアのバールに、朝は朝食用の甘いパンが、お昼はパニーニなどのお惣菜パンが並びます。お菓子屋さんにもバールのコーナーがあるので、カプチーノやコーヒーを飲みながら、おいしいお菓子をつまむこともできます。カウンターの近くにテーブル席があれば、座って食べても良いことになっていますが、テーブルの上にメニューリストが置いてある場合は、注文は店員さんが取りに来てくれて、テーブルサービス料がかかります。テーブルサービスなしの小さなテーブルを使う場合は、セルフサービスになります。先に、お会計をしてもらい、レシートを見せて、食べ物や飲み物を受け取り、テーブルに自分で持っていき、食べ終わった後の食器は、カウンターに戻すのがエチケットです。

サイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています