ヒルズハブアイズ

ヒルズハブアイズ

ヒルズハブアイズ、凄い作品です。ご覧になったかたはどのような感想を持ったでしょうか・・・凄い映画です。ツタヤなどのDVDレンタルのお店にもおいてあると思うのですが、ホラーファンは必見ではないでしょうか。ヒルズハブアイズのことをお知らせします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています

近年屈指の傑作ホラーである「ヒルズハブアイズ」

スポンサードリンク

プロダクションの大幅な向上を誇る「ヒルズハブアイズ」は、あまりにも過激すぎる内容で、新世代のホラー・ファンを喜ばせ、1977年のウェス・クレイヴン監督作品で、カルトバイオレンスの「サランドラ」の低予算で作りあげたオリジナルの荒削りな衝撃に熱心なファンも満足するリメイク作品である。フランス人監督のアレクサンドル・アジャが、世界的なヒットとなった「ハイテンション」の次回作として、グレゴリー・ルヴァスールと共同で脚本を手がける、初のアメリカ作品です。「ヒルズハブアイズ」は、オリジナルに対する敬意と、新たなエンターテインメントを提供しようという意志が現れ、完全な憎悪を表現する試みとして申し分のない作品である。

「ヒルズハブアイズ」の恐怖

「ヒルズハブアイズ」は、口論を続けていた家族の車とトレイラーがニューメキシコの人里離れた砂漠で故障して、立ち往生したところから惨劇が始まる。そこで一家は、異常者の集まりである地元の1950年代と1960年代に行われた331核爆弾の残存放射能によって、突然変異した家族に支配され、暴力を振るわれて殺害される。忘れがたい残虐な方法で数人が殺害された後に、生き残りたちは異形となった犯人達を出し抜く。クライマックスでは、歓びと興奮、そして才気が生み出した新たな恐怖がある。アジャの手による今風の「ヒルズハブアイズ」は、残忍性と退化を掘り下げて余計なものを取り払い、登場人物を純粋な復讐の恐怖へと導いている。米国の砂漠で繰り返された核実験に対する恐怖が、単なるホラー映画にはない衝撃的な不気味さにつながっている。