えびすのジーパン

独創的な発想で、日本のジーンズを世界に認めさせた、えびすのジーパン。大阪本店や京都、広島、名古屋でも購入できます。家でも外でも抵抗なく着られるカジュアルなえびすのジーパンだからこそ、より個性的なジーパンを履きませんか?既製品でないオリジナルなジーパンを見つけてください。

スポンサードリンク

2017/10/08 今日のオススメリンク

卒業旅行を国内でお得に!マル特情報集

えびすの個性的なジーパン

スポンサードリンク

えびすのジーパンには2000と2001があって、その違いはシルエットです。2001はえびすの定番モデルの太めのタイプで、2000は、2001に比べて、少し細くなっているタイプです。ちなみにNo.1とNo.2の違いは、生地の織り方にあります。えびすの中でも一番高価なNo.1は、昔の旧織機で織っているので、洗うことで大きく縮みます。No.2は、No.1よりも安価なものですが、防縮加工が施されているため、ほとんど縮みません。独特のデザインと本物志向を感じる個性的なジーパンなので、六本木のような都会でも、家の近所でも、意外とどこでも抵抗なく着られると思います。ところで、カモメのマークを好きな色でペイントをしてもらえるという事をご存知でしょうか?商品購入時に、ホワイト、ブラック、レッド、イエロー、サックス、ピンクの6色の中から、自分で好きな色を選ぶと、初回は無料で、カモメのマークをペイントしてくれます。1色だけでも、2色の組み合わせでも、より個性的なジーパンを楽しんで履く事ができますね。

独創的な発想

えびすといえば、恵比寿ではなく、ビールでもありません。大阪生まれの「EVISU JEANS えびす ジーンズ」です。ジーパンのバックポケットに、ステッチの代わりとして、すべて手描きで、カモメのマークのロゴをペンキでペイントするという独創的な発想から始まりました。えびすのブランドには、売れることだけを目的として物作りをしていないので、固定観念に囚われない自由で個性的な良い商品が、沢山あります。大阪本店はもちろん、東京にも店舗がありますし、京都や広島、名古屋などの正規販売代理店で購入できます。

サイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています