調理師と法律

スポンサードリンク

2017/06/21 今日のオススメリンク

入学式のスーツの選び方

調理師と法律

スポンサードリンク

調理師とは、調理師の名称を用いて調理の仕事ができる者として、国家資格の都道府県知事の免許を受けた者と法律に定められています。調理師法は、全般の職務や資格などに関して規定した日本の法律で、昭和33年11月9日に施行されました。この法律の法律改正により飲食店などでは、調理師を置くように努めなければならないという努力規定が設けられました。試験の問題は食文化概論、衛生法規、栄養学、食品学、公衆衛生学、食品衛生学、調理理論の7科目です。国民の健康保持や増進を図る目的で定められた法律を学ぶ事も大切です。試験に合格すると、免許証が交付されますが、免許そのものは都道府県の名簿に名前が記載されることで発効します。試験の合格者以外にも、学校教育法という法律の第47条に規定する者で、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業した者には、無試験で免許が与えられる事になっています。就職の求人募集や採用時に免許が必須の職場も増えており、これから活躍したい人はぜひ取得したい資格です。また資格があれば、申請するだけで食品衛生責任者の資格も取ることができます。仕事として、さらなるキャリアや年収アップとして、専門調理師や栄養士の資格を取れば、より高いレベルにある証明という事にもなります。

調理師としての活躍

日本料理、西洋料理、中華料理などの様々なジャンルの飲食店、企業、病院、保育園や学校などの給食、あるいは飛行機の機内食、食品関係企業の開発部門などで、料理に関わる仕事の種類も、幅も広がりを見せていますから、ありとあらゆるところに活躍の場があります。将来の資格の義務化を想定して、資格は就職や転職の強い味方となるでしょう。また資格取得によって、職場での待遇や給与のアップにつながります。さらには飲食店などで修業ののち、独立して自分の店を持つことも夢ではありません。まずは、免許の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

「調理師と法律」 のサイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています