弁理士試験のボーダーを越える為に

弁理士試験のボーダーを越える為に

弁理士法の改正により、2008年度から短答試験に合格すると翌年から2年間の短答が免除になる新制度が始まりました。受験者の増加が見込まれる弁理士試験の合格のボーダーを越えるためには、短答と論文の対策として、それぞれのポイントを押さえる事が大切です。弁理士試験のボーダーを越えるために参考になればうれしく思います。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています

弁理士試験の合格のボーダー

スポンサードリンク

知的財産を扱う最高峰資格である弁理士は、弁理士を目指して受験される方はもちろん、企業の知財部などへの就職や転職を希望している方など、実務に基づいた知識役立つ試験です。弁理士法の改正により、2008年度から短答本試験に合格すると翌年から2年間の短答本試験が免除になる新制度が始まりました。このため、短答本試験の合格のボーダーを越えるために、かなり重点をおいた勉強計画を立てる事が大切です。これまでのように短答の合格者を出すと、論文の受験者数がかなり増えます。記述という受験者数を増やせない現状から、短答合格者を大幅に減らしていくと、必然的に合格のボーダーは上がることになります。しかし、合格のボーダーは変わらず、毎年繰り返されているように、やはり最初の10問あたりは難易度が高く、または、予想のつかない問題が多いですが、落ち着いて問題にしっかりと取り組んでください。

弁理士試験のボーダーを越えるポイント

弁理士試験のボーダーを越えてに合格するために、短答の対策として、どの程度勉強したか、あるいは、論文必須科目との兼ね合いや各法律の勉強とのバランスで、どの程度の時間を割けることができるかなど、まったくの初心者から合格者レベルまでと、学力的にも環境的にもかなりのバラつきがあるのが現状です。弁理士のボーダーを越えるためには、まず短答試験の合格を目指して、過去の問題を完璧に仕上げておくことが重要です。論文本試験の対策として、論文の構成をしっかり、かつ短時間で行うことを目指します。そのためには、構成段階で必ず考えるべき事項を身に付ける必要があります。その雛形を身に付けておいて、それを問題文に応じて取捨選択していくのです。