公認会計士のstart

スポンサードリンク

2017/09/29 今日のオススメリンク

風水で財布を選ぶ 金運アップの理由

受験

スポンサードリンク

公認会計士とは、公認会計士法に基づいて、貸借対照表や損益計算書その他の財務に関する書類の監査、または証明を業とする者です。商法改正に伴う会計参与制度がスタートして、年収以上に新たなやりがいのある役割が期待されている資格です。試験制度の変更に伴い、忙しい方でも合格を目指すことが可能になりつつある公認会計士試験制度を受けて、合格に必要な得点の問題配点の範囲を知って、合格を目指す人が、沢山います。公認会計士試験は、司法試験、外交官試験と並ぶ3大国家資格試験といわれ、学習範囲が広く、かつ難易度の高い問題への対応力を養うには、相応の学習が必要となります。合格率は、わずか8%ですから、独学で合格するのは、とても難しい試験です。上場企業が増えて、監査自体を厳しくしようという動きがありますので、公認会計士の需要は年々増えています。新試験制度がstartして、毎年高い合格実績を達成している資格の学校TACや資格の大原でも開講されているように、公認会計士の資格取得のための受験講座は、短期集中で合格を目指すコースです。長期間の学習をしていく上で、いかにモチベーションを維持するかは、重要なことです。この課題を克服できる、もっとも効率的かつ効果的な方法である専任講師体制を整備し、会計士受験生を万全サポートしています。また、初心者の方を対象にしたコースや米国公認会計士コースもあって、4月startクラスと 9月startクラスに分かれていますので、ご都合に合ったstartをお選びください。

公認会計士として新たなstart

公認会計士の仕事は内容によって、大きく2つに分かれます。ひとつは監査法人の一員で、主に大企業の会計監査を行う監査人と呼ばれる会計士と、もうひとつは主に中小企業に対しコンサルティングや税務を行う会計士です。監査人は会社の資産管理をチェックして、会計上のミスやごまかしがないかを調べます。仕事の大部分は資料をチェックするだけの地味な作業の積み重ねですから、物事をコツコツ続けられる人に向いています。監査をすることで社会にかかわる正義を果たしているということに満足を感じられ、コンサルティングの仕事では、相手に感謝されます。プロになることは、生きていく上で大きな自信となり、人生を楽しめると思います。ビジネスに興味 があるなら、公認会計士も選択肢のひとつとして良いのではないでしょうか。一発合格を可能にするカリキュラムと出題の可能性を綿密に分析した教材を使って、公認会計士試験の合格を目指しstartしましょう!

「公認会計士のstart」 のサイト管理者

E-mail : kanri#simadaa.com

@を#と表示しています